画期的な発見

アンテナ工事をする。
現在テレビを観たい方にとっては、当たり前のことです。
改めて考えることではなかったのですが、先ごろアナログ放送から地上デジタル放送に移行した時には、なんとなく意識をしたことでしょう。

年配の方にとってみれば、アンテナと言えば八木アンテナとおっしゃる方が多いです。
なぜそう呼ぶのかというと、八木秀治がアンテナの基本の原理を発見したからです。
そして、宇田新太郎とともに、アンテナの実用化に励み、完成させたといいます。
1928年ころの話です。
これは、日本国内だけのものではなく、世界に発信されたもので、国外の方が単にアンテナと言わずに“ヤギアンテナ”と呼んだことから、日本国内でも八木アンテナと言うようになったと言われています。

当時の日本では、この八木秀治の大発見に対して、あまり評価をしていなかったと言われています。
しかし、欧米などでは高評価で、この技術を応用してレーダーの開発をしました。
すでに世界では、日本のすごい人がアンテナを作ったと評判になっていたということです。

戦争の最中で、日本軍が外国で八木アンテナの存在を知ったというエピソードもあり、いかに日本が遅れていたということになります。
この八木アンテナはその後、テレビは当然ですが、アマチュア無線用などに応用されていきました。

今では当たり前の用にアンテナ工事をしているものですが、そんな歴史があったということを知っている方は少ないかもしれません。



[管理人特選サイト]
地デジアンテナの設置工事を行っている業者のサイトです ・・・ 地デジアンテナ 設置

Copyright © 2014 八木アンテナの存在と工事 All Rights Reserved.